当事者ブログUSER BLOG

「パのつく言葉」

聞けばわかるんだけど、思い出せなくなる言葉って、ありませんか?

 

私は、特にカタカナの言葉によくあります。

 

昨年の11月、晴れの日のことです。

 

「パーキンソン病の初期段階にある可能性が高いと考えられます。」

 

脳神経内科の先生は、

はっきりと、私に言っていました。

 

え…、それって!?

たしか、かなり怖い病気じゃなかったかしら?

 

若めの賢そうな女性の先生の、端的な説明を続けます。

 

適度な優しさもありました。

 

「急に言われても、驚いてしまうと思いますが、

今、やっている事は、できる範囲で続けた方がいいと思います。

 

少量づつ薬を始めましょう。

効果が出るかは診断の材料となります。

これからの検査は、〜〜」

 

先生の声は、ちゃんと聞こえます。

 

けれども、文脈とは関係なく、 私の中に

「車椅子」や「介護ベッド」「動かない身体」のイメージが、チラついてしまいます。

 

落ち着け、私…、

 

先生は、今そんな話はしていない。

ちゃんと聞かなくちゃ!

 

その後の、採血の本数に驚かされて、

看護婦さんから、検査の補足説明をうけて、

待合室に戻る頃には、気分は、もうヘトヘトです。

 

念のために、聞いてきたことを、心の中で思い返しました。

 

 

えーと、 次の通院は…、

〜 今後の検査は…、

〜 薬は、…、

 

〜 病名は、… … …あれ? なんだったかしら?

えーと、パ パ、パッチワーク!

…んな、わけないでしょ!?

 

えーと、パ、パ、パーソンズ!

…ちがう。ちがう。

 

確か、パがつくんだけど…… 。

 

「このまま帰ったら、 家族に説明できないじゃん…。」

 

それでも、スマホの力を借りて、

なんとかその場で「パーキンソン病」という言葉に辿り着き、

こっそりメモをして帰りました。

文明の力に、感謝ですッ!!

 

そして…、 早かった様な、 長かった様な、

あれから1年が過ぎました。

 

もちろん、パーキンソンと、パーソンズと言い間違える事は、もう絶対にありません。

 

近頃では、パのつく身近な言葉No.1です。

もう一度、うっかり忘れてみたいくらいです。

 

pd cafeの言う通り、 いつか、根本治療法が受けられる時がきたら、

 

「私があの頃かかちゃった、病気の名前…。

なんだったかしら?」

…なんて、言ってる未来もあるのでしょうか?

想像すると、ププッて、笑ちゃいます。

 

皆さんは、はじめて「パーキンソン病」と言う言葉を知った頃 覚えにくいと思いませんでしたか?

 

私だけかな…?

 

*ともみ*

 

 

写真は「パイナップル」パターンです。

PAGE TOP