当事者ブログUSER BLOG

病気になったことで知り得たこと

初めて投稿させていただきます

 

私の発症は今から、

6年程前だったと思います、、、

 

 

これって気のせいなのか、

更年期なのか、どこの病院に行けばいいの?

何もわからなくて

 

階段を上り下りするたびに

 

違和感を感じる脚に 不安を感じていたことを

今でも鮮明に 思い出します

 

 

診断を受けてからというもの

 

誰にも、弱みを見せたくなくて

PDだけど だいじょうぶだからと、、、

かわいそうと言われることもありました 

 

 

同情してほしくなかったんです

 

健康な人には、わかってもらえないし

わかってもらおうとも思わないと

 

何度も家族の前で泣きました

 

 

 

今まで当たり前にできていたことが 難しくなってる

 

複視が強い時は、

外を歩くのもこわい 辛い日も沢山あります

 

 

でも病気になって

悪いことばかりではなかったんだと、

やっと 気づくことができました

 

 

 

客観的に物事が見られるようになってきたことで

人の気持ちや、優しさ、思いやりがわかり

 

人間関係は、今では本当に本当に

大切な人だけが残りました

 

 

 

重荷を抱えてきた幼少期のころから

今までの人生、 病気をきっかけに

 

もうひとつの新たなレールが 作れるかもしれないと、

最近になって 思えるようになりました

 

 

 

時間はまだまだ必要ですが

 

こちらのレールから遠くのレールをみて

あんなことも、あったなぁって

明るく話せる自分を今は 目標としています

 

 

体も、ふらふらで 心も弱ってるなか

ここまで元気になれたのは

 

pd cafeの 小川先生をはじめとして

スタッフの方々の おかげだと思っています

 

 

感謝の気持ちでいっぱいです

これからもよろしくお願いします

 

 

yukapi

PAGE TOP