なんちゃって主婦113  のんびりでも前へ

キルト展の帰り道6歩進んで一休みしながらバス停へ向かう時、不思議と悲壮感はなく
ただ人にぶつかっての転倒だけは気を付けた。
一休みする時やたらなところで立ち止まるわけにはいかず壁や柱を探すのに神経を磨り減
らす。
ふっと、お店のガラスに映る姿に目をやるとそこにはスヌーピーの杖をつき前屈みで膝は
曲がり首下がりの私がいた。
慌てて背筋を伸ばす。
そうだ、慌てることはないんだ。
のんびりでも前へ進んでいるんだ。
この症状はその昔バタバタ動き過ぎていた私に神様が‶少しゆっくり生きなさい″と与え
てくれたチャンスなんだ!!

コメント