なんちゃって主婦のお裾分け(57) -棒の力-

まさか……この棒に、こんな凄い力があるとは……

7年前は、わらをもすがる思でM子さんから借りた本の、問い合わせ先に電話をかけた。

 

その当時の私は情緒不安定で、

ピンポンという玄関のチャイムや

ATMの取り忘れ防止ブザーのかん高いピンポン音や

家の前の遊歩道を空き缶をけりながら歩く小学生のカーンカーンという音が不得手だった。

電話は特にストレスだった。

 

それでも電話したところを見ると、

よほど切羽つまっていたんだろうと今思えば、まるで他人ごとのようだ

 

勇気を出し電話をかけ、

“P病ですが一生懸命もめば良くなりますか”と

小学生だってしないような質問に返って来た言葉にグサッ。

 

“ただもめばいいってもんじゃないんだよ、もむ力と反射区が大事……”と

 

カサカサにささくれた心に“ただもめば”のフレーズが突きささる。

受話器を持つ手が震え涙があふれた。

 

私の住んでいる県の足もみの先生を紹介してもらい早速予約の電話を入れる。

 

紹介された先生の

“あぁ 良くなるから”

と一言にさっきの、涙が乾くより早く心から笑顔があふれた。

 

なんちゃって主婦

コメント