なんちゃって主婦のお裾分け(29) -まだまだ続く夜の儀式-

恐怖の廊下が一段と長く感じる、一日の締めくくりの廊下。

 

スムーズに歩けば階段まで10歩もあれば行ける。

しかし右へ左へ壁に激突しながら進むので、いつも手をつく場所は既に変色あり。

それをマークに毎晩転ぶことなく突進している。

不思議なことで廊下はあんなに苦戦していたのに、

いざ階段を昇るとなると、手すりにつかまることなく

リズミカルにトントン昇り切る。

そして、二階の廊下に到達するなり又、突進が、始まる。

どうやら階段の昇降と歩行は使っている脳が違うらしい。

 

どうにかいつでも階段や走る時に使う脳が頑張ってくれないものか ・・・

リビングに忘れ物などしようものなら本当に泣くしかない。

そうならないように夜、枕元で必要な物は、

ごほうびタイムの前の洗濯物を取り込みに二階に上がる時に

持って上がれるように階段の下に用意しておく。

 

さぁようやくいとしのお布団に到着。

でも、まだ寝るわけにはいかない。

例のピロピロ笛とテレサテンさんの“つぐない”を唄って肺を鍛え、

“今日も頑張ったエライ!”と鏡を覗き、

最後の最後はオルゴールのCDを流しながらウトウトしながら本を読み、

なんちゃって主婦は夢の世界へ・・・

 

なんちゃって主婦

コメント