なんちゃって主婦のお裾分け(16)-気持ちを伝える-

私は症状が出る前から自宅で書道教室をやっている。

今、思えば10年位前に生徒に”先生の字が小さくなった“と云われたことがあった。

同じ頃幼馴染みのK子ちゃんからも”最近字が変わった“と云われ

自分でも書くことがストレスになって来ていた。

買い物に行ってカードを使いサインをするときが最もストレスだ。

 

店員さんは見ているし、書くスペースは小さいし。

何よりも早く書かないといけないという意識が、ただでさえ震える手を一層強調させ、

すっかり自分ではレジに並ばずに夫任せになった。

字に関しては避けている訳にはいかず、子どもたちの硬筆のお手本を書きながら

一文字ずつ丁寧に大きく書くよう心がけ、一週間に1通は誰かにハガキを出す習慣を作った。

書くことは自律神経を整える作業とのこと。

一時ストレスになりかけていた作業も、

ゆっくり心を込めて

一文字一文字丁寧に書くことで

自分の心は穏やかになり相手に文字の様子で気持ちがつたわる。

書くことも、やはりゆとりが大切。

なんちゃって主婦

コメント