なんちゃって主婦のお裾分け(4) -心をたたせる-

息子たちからはその後も色々学ばせてもらっている.

 

この症状が出る前はスーパー母ちゃんで赤いマントを翻し.いくつもの仕事を飛び回りこなしていた.

 

夕方になるとあまりに疲れて車を運転しながら無意識にヘラヘラ笑って疲れを忘れさせていた私がいた.その頃から体と心が異常に緊張し眠れない日々が続き睡眠導入剤のお世話になり夜イスに座って薬を飲んだはずなのに気が付くと布団の中で目を覚ます.

薬の恐怖を感じた瞬間である.赤いマントのスーパー母ちゃん11年の月日ですっかり変化.

 

今ではウルトラの母となり薬が切れそうになると胸のランプがピコンピコン点滅し良からぬ星に連れ戻されてしまう...

薬をのみ効き始めると仮面ライダーになった気分で”ヘーンしん”なんてポーズを決める余裕があるのにウルトラの母になると”そろそろ星に帰る時間”と首が項垂れる.

それでもそんな冗談が言える自分がいることに私自身喜びを感じている.

心をたたせるって大変なこと.

体がきついと首が下がり下ばかり見てついでに猫背になり,肺が圧迫され呼吸が浅くなり頭に血が回らず,負のスパイラルに落ち入る.さて,どうしたものか...

 

なんちゃって主婦

コメント

  1. きゅうちゃん より:

    50歳。先週パーキンソンの診断を受け途方に暮れてます。

    このコラムを読んで情報を得ることができてます。

    朝、現実に向き合うことが一番辛いです。

    • なんちゃって主婦より より:

      コメントありがとうございます。まだ今は病気を受け入れることで精一杯な時かと思います。大丈夫です。ここに仲間がいます。