PD CafeについてABOUT PD Cafe

PD Cafeとは

パーキンソン病当事者の声から生まれた
「根治療法が確立される日まで動き続けられる体作り」
を目指したコミュニティです。

PD Cafeの始まり

2013年 PD Cafeは小平市で生まれました。
代表の小川順也が国立精神・神経医療研究センター病院に理学療法士として勤務し、多くのパーキンソン病の方を見て来ました。
その中でヤール1~3の方が病院以外での運動機会がない事に問題を感じ、当時入院していたパーキンソン病患者さんと共に運動継続の場としてPDCafeが生まれました。

運動と体の動きやすさの関係

重症度分類と日本におけるリハビリ開始時期の現状

PD Cafeの対象

PD Cafeは医療保険・介護保険内では対応しきれていない重症度分類1~2を主な対象としています。
リハビリを受けたことがない、運動が続けられないという方で重症度3以上の方も来られます。

PAGE TOP