PD Cafe Green(若年性の会)の新年会レポート

初めまして、杉本と申します。
普段は、世田谷の運動教室やGreenに参加させて頂いております。発病4年のもうじき46歳です。ちなみに、今回のNHKのガッテン集中リハビリプロジェクトにも参加させて頂きました。

今回、1/26(土)15:00〜Green初の新年会を開催致しましたので、そのご報告です。

場所は、宮の坂リハビリジムで開催。
参加者は、20名。
小川さんや、Greenのメンバーの他、TwitterでPD仲間が全国から集まりましたー。福岡、呉、和歌山、大阪、長野からです。スゴい!

冒頭は、ご主人の転勤でタイへ行ってしまったPT野田さんとのビデオ会話。ベッドルームでの通話だったので、そっち方面の話と、タイ支部の開設に向けて頑張って下さい、という話で盛り上がりました。笑。

その後、前日40℃近くまで発熱の小川さんによる特別運動教室。エアロビステップ、大股歩行など30分程で身体を温めました。

そして、喉を潤したくなったところで、タイの野田さんのご発声で、シャンパンで乾杯🥂!

しばらくのご歓談の後、芦名さんによる「WPCビデオ完成披露上映会🎞」

ビデオコンテスト作品のフラッシュバックビデオを見た後に、「PD café 〜始まりから今まで、そしてこれから〜」3分29秒のビデオを見て、PDCaféの素晴らしさを再認識しました!

そこからは、西麻布のイタリアン、世田谷で評判のピザに加えて、小笠原さん手作りのケーキ、厚谷さんのお父さん自慢の唐揚げ、松野さんの神楽坂のケーキに留まらず、全国から参加された方々の手土産(生もみじ饅頭、野沢菜、ウツボの干物など)満載で、食べきれないほどのボリュームでしたー!

途中、整形外科でのリハビリ経験も豊富で、スポーツトレーナーもされているPTの白石さんから
「自分の身体は表タイプ?裏タイプ?」というデモストレーションをやって頂きました。

簡単に言うと、身体の表側(腿など)を触る程度の刺激を与えると力を入れ易い人と、裏側(腿など)の方が良い人とタイプが分かれるとの事。結構、明確に分かれるので、そこらじゅうで「おー」「ホントだ」「ヤバっ」という声が上がっていました。ご興味ある方は白石さんまでご連絡ください。

そして、最後は、参加者全員による「今年の抱負」の発表!色紙に筆ペンで、思いの丈を書いて頂き、語って頂きました。中には、感極まって涙される方もいらっしゃいました。

「これから人生謳歌しようと思っていた矢先の発病」「幼い子供を育てている矢先の発病」「働き盛りでの発病」など”若年性ならでは”の悩みを改めてみんなで共有しました。

また、東京ではGreenのような場所があるので、
同じような境遇の人と集まりやすいですが、地方にはこのような場が少ないという実情を知り、今後は、より積極的に、Greenの活動を全国に広げていく必要性があるなぁと強く感じた会となりました。

そして、新年会終了後に、参加者の多くの方々から『仲間』の重要性についてコメントが寄せられてきました。その中でも、以下のコメントが、私の心に残りましたので、ここに引用させて頂きます。

〜この病気には投薬治療以上に『仲間』の存在が大切だと思いました。誰にも相談出来ず一人で抱え込んでいる仲間がまだまだいるのも現実です。私達もGreenと出会うまではそうだったように。その仲間の為にも、Greenの存在をみんなで伝えていってはいかがでしょうか。〜

これからのGreenの発展を願いつつ、会は閉会致しました。来年以降も新年会を開催して、『仲間』の輪を広げて行きたいなぁと思いました。

初めてという事もあり、幹事の私がグタグタだったところ、参加者の皆様の機転とサポートにより、無事に会を閉会出来ました事、御礼申し上げます。特に、体調悪い中、色々と企画から相談に乗って頂きました小川さん、小笠原さん、翌日のお掃除や片付けをして頂いた半田さん、会をオシャレにしてくれた関口さん、受付して頂いた伊藤さん、そして、遠方からお越し頂いた岩井さん、古本さん、西村さん、硲さん、斉藤さんにはこの場を借りて重ねて御礼申し上げます。

いやぁー、ホント楽しかったです!
参加者皆様に、感謝です!
ありがとうございます!

杉本

コメント